フィラリアの予防の時期になってきました!

よく聞く「フィラリア」とは?

よく春になってくると、「フィラリア」という言葉をお聞きすると思います。

蚊?と思う方もいらっしゃると思いますので、「フィラリア」についてご説明させていただきます。

「フィラリア」とは蚊を介してワンちゃんの心臓や肺動脈に寄生虫が起こす病気です。「フィラリア」はワンちゃんのイメージが強いですが、実は、ネコちゃんもかかります。

フィラリアは成虫になると約30cmにもなる糸状の寄生虫だそうです・・・。

フィラリアに感染した犬の血を吸った蚊が、他の犬の血を吸うことでフィラリアに感染してしまいます。

「蚊=フィラリア」ではなく、蚊を介してフィラリアに感染するということになります。

フィラリアが寄生することで血液の流れが悪くなり、様々な障害が発生します。

放置すれば死にもいたる恐ろしい病気です。

近年では春先から秋ぐらいまで蚊がいますよね。なので、数カ月間に渡っての予防が必要なのです!

外にあまり行かないワンちゃんでも、蚊は家の中にも入ってきてしまうので、予防は必要です。

 

フィラリアの症状とは?

では、万が一フィラリアに感染してしまった場合はどのような症状が出るのかいうと・・・。

元気がなかったり、食欲がなかったり、呼吸が苦しそうなどの症状があげられます。

また、症状が進行してくると、お腹が膨らんできたり、尿が赤くなったりすることがあります。

ただ、感染初期は目立った症状が出ないので、見過ごしてしまいがちな感染症です。

主な治療は、薬で寄生虫の駆除になりますが、まれに手術で心臓から寄生虫を取り出さなければならない場合もあります。

薬で駆除という場合でも、成虫が心臓で死ぬことによって血管に詰まったりする場合があります。

手術の場合でも、特殊な器具を用いて、心臓から成虫を取り出します。

いずれも危険や負担が伴うことなので、予防が大切な感染症なのです。

 

フィラリアの予防方法!

こんな恐ろしい感染症でも、しっかりとした投薬で予防をすることができます。

まずは獣医さんで、事前検査をしてもらってください!

予防薬を投与する際に、フィラリアが寄生していないことを確認する必要があります!

万が一、寄生していることを知らずに予防薬を投与した場合、ショック症状を起こし、最悪死に至ることもあります。

症状がわかりにくい感染初期の可能性もありますので、事前検査が必要となります!検査と言っても、血液検査でわかります。

投薬ですが、今ではいろいろなお薬が出ています。一般的には毎月1回の投薬になりますが、途中で忘れてしまったりやめてしまったりすると、今までの投薬が無駄になってしまいますので、獣医さんの指示通りに投薬してあげてください!

薬の種類や期間は、獣医さんによって違いますので、かかりつけの獣医さんの指示に従ってくださいね。

もし、どこの獣医さんにかかったらわからないという場合は、当店の提携している獣医さんもご紹介させていただきますので、お気軽におっしゃってくださいね!

 

◆お散歩・外出の必須アイテム⬇︎⬇︎⬇︎

 

お散歩・お出かけ時の必須アイテム入荷しました☆

 


 

【LINE限定クーポンの配布も行なっていますので、LINEの友だち登録をよろしければお願いします】

今っ!!友だちになるとクーポンが配布されちゃいます♪♪

友だち追加

DOGCAT COCOの各SNSはサイト内リンクより!

お得な情報を配信

是非、ご登録お願いします!!